警備会社と契約すれば安全性を高められる!

安心の防犯対策

男性

警備員が駆けつける

ピッキングやガラス破りによる侵入盗のニュースがテレビや新聞を賑わしています。侵入盗は大きく3つのタイプに分けられます。家族がいない時を狙う空き巣、家族がいても団欒のスキをに無人の部屋を狙う居空き、そして夜間寝静まった時を狙う忍び込みです。侵入盗はいつでもどこでも目を光らせスキを狙っているのです。今や自分の安全は自分で守る工夫が欠かせない時代がやってきたといえるでしょう。最近ではホームセキュリティサービスを取り入れる家も増えてきました。警備会社のホームセキュリティサービスは富裕層が利用するものと思われてきましたが、今では戸建て住宅用に月々4000円程度のプランも登場しています。マンション住まいの単身世帯で導入する人も増えており、昔と比べてより身近な存在になっています。警備会社と契約を結ぶと、玄関に会社のステッカーが貼られます。これだけで犯罪の抑止力になりますし、いつでも警備員が家まで駆けつけてくれるという安心感が、警備会社の最大のメリットです。警備会社が提供するサービスは、家の間取りや窓数などで設置機器の数や金額が違います。機器を買い取るかレンタルするかを選ぶことができ、それにより初期費用や月額料金が変わります。他にも通報後の対応の速さ、通信費、補償の有無などが導入のための検討課題となります。導入時には複数の会社に見積もりを提出してもらい、我が家のニーズに合うプランを選ぶと良いでしょう。